大和製菓について

大和製菓について

「なつかしい」「小さい頃からの駄菓子の定番」と多くのお客様からの喜びの声をいただいております!!昔から変わらぬ製法で、変わらぬ味を守り続けて50年お子様からご年配の方まで、おいしく喜んでいただける商品を目指し、日々精進して参ります。
弊社のイチオシ商品『味カレー』!
一度は聞いた名前であるか、店頭でご覧になった事がある商品でしょう。
『味カレー』はピリッとスパイシーなカレー味のスナック。昭和35年製造業を開始以来、今日まで皆様に喜んでいただいている、当社のロングセラー商品でございます。味の決め手となるスパイスは発売以来、昔ながらの製法で約50年の間変わらぬ味を守り続けております。

大和製菓のひみつ!突撃インタビュー

question1

Answer

製造をスタートした工場の住所が「大和町」であったこと、日本(大和)の名前の通ったお菓子会社に成長させたいという願いからつけられた名前です。

question2

Answer

菓子製造業を開業した年と同時に作られた大和製菓の第一号商品が「大和の味カレー」です。
累計個数は判りませんが20円の「大和の味カレー」は、多い月で月間60万個販売しております。

question3

Answer

やはり、スパイスだと思います。スパイスは、専門業者に委託をせず、自社の職人が独自にブレンドして作られています。このスパイスを作ることができるのは、たった一人の職人だけで、次の担当の職人に引き継ぐ場合、天気・天候などによって変わる微妙な調整を継承して行くのです。よって会社内でこのスパイスを作ることができるのは一人しかいないのです。

question4

Answer

昔も今も皆様から愛されているライスカレーをもっと気軽に食べることはできないかと初代の社長が考案したのがきっかけです。味がカレーのスナック菓子→味+カレー=味カレー
と言うシンプルな由来から出来たネーミングです。

今現在も20円の味カレーで使用されておりますメインキャラクターの「大和くん」ですが、お客様から度々「このお侍さんなんて名前ですか?」と今でもよく聞かれます。
発売当初からしばらくの問、このキャラクターには名前がなかったそうです。昔の味カレーには、同じ内容量でパッケージの違いがこのキャラクターが載っているものと、いないものの2種類があったそうです。工場側と事務所側で、生産予定を話し合っている時に、製品を区別するために「大和製菓のキャラクターなんだから大和くんでいんじゃない?」と言う意見から生まれたのが、このキャラクター名「大和くん」だったのです。

question5

Answer

味カレーの次に人気商品は「やまとのかめせん」です。みりん醤油で味付けされたコクのあるスナック菓子です。また、最近では「やまとのえびせん」も人気が上昇しております。2013年1月5日に放送されましたテレビ朝日お願い!ランキングGOLD特別編第一回駄菓子総選挙で、全50社全商品およそ1500品目中やまとのえびせんが12位、やまとの味カレーが22位という快挙を成し遂げました。

1

Answer

名前のとおり大和製菓発祥の場所のすぐ横で「おかし直売所」1号店を2012年の12月より運営しております。
そもそも、直売所をオープンするきっかけとなった出来事は、お客様からの「味カレーって佐世保で作られてたんだ!初めて知ったよ」と言うお話がきっかけでした。佐世保市で50年以上製造販売を行い、北は北海道、南は沖縄まで、全国で販売させていただいてるにも関わらず地元の皆様には認知していただけていなことを痛感しまして、地域の皆様が気軽によれる地域密着型のお店を作ろうと言うコンセプトで作られたのが1号店です。

1号店:長崎県佐世保市大和町112(地図

side1

 

side_m1
side_m2
side_m3
side_m4
side_m5
side_m6
side_m7

 

side

 

side1

 

side2

 

side3

 

side4

 

side111